迷いやすい!東京の電車にアプリが効く!

東京や大阪って、乗換や出口で迷う事って多くありませんか?

先週の事ですが、新宿に行くのに「早めに出たし、たまには違うパターンで行ってみよう」と思って、
乗り換えアプリのいう事を無視して路線図を見て、グーグルマップも見ないで行ったら、迷って遅刻してしまいました。

乗り換えでちょっと迷った挙句、目的地で出口が分からずに大幅に時間をとられて、
半泣きでグーグルマップのナビを起動させて行っても遅刻するっていう…。
言い訳にしかなりませんね。遅刻して申し訳ありません。

東京の電車や駅の難解さを再認識したところで、ちょっと整理の為に路線図を確認してみたら、
「これは迷うな」としか思えなかったので、ちょっと置いておきますね。

東京の地下鉄路線図

出典:東京都交通局

東京のJR路線図

出典:JR東日本

こんなにごちゃごちゃしてたら、乗り換えで迷うし、複数路線が有る駅だったら出口も分からなくなる事間違いなしです。
これにさらに私鉄各線を足していくと、一枚の紙では表現できない感じになりそうです。
同じく周辺人口が多くて地下鉄が走ってる中国上海の路線図を見たら似たような物だったので、国主導で開発しても、
人口分布とかまで完璧に計算してないとゴチャっとなってしまうんでしょうね。開発って難しい。。。

ちなみに新宿駅は1日365万人近くが利用するっていうのでギネス認定を受けた事もあるらしいですよ。
横浜市よりちょっと多く、静岡県よりちょっと少ないくらいの人が毎日新宿駅を利用しているって考えると、
”迷宮”とか言われている新宿駅も、あれでも迷いにくく作ってあるんじゃないかって思えてきますね。

アプリを駆使して迷子回避!

先日迷って半泣きになった私でも、乗り換えアプリ&グーグルマップが有れば迷わず行けます。
やっぱりスマホを持ってるならアプリに頼った方が効率的です。

オススメの乗り換えアプリ(無料版)

ジョルダン乗換案内
2000万ダウンロード、毎月2億回使われているという、無料乗換案内の代表格。
バスも含めて経路案内してくれるし、1本前・1本後とかでも調べられるので、
乗り遅れとかにも対応、遅延情報も出てきて迂回出来たりするので便利ですよ~!

iTunes App Store
Google Play

Yahoo!乗換案内
駅名やバス停名はもちろん、住所や施設名でも検索できて、たとえば「現在地から東京スカイツリーまで」を検索すると
「駅への徒歩ルート地図+電車の乗換検索」でトータルに案内してくれます。
発車時刻をカウントダウンしたり、運行情報を教えてくれるし、時刻表も見れたりと、必要な機能は全部揃っていて無料。
やっぱりYahooはすごいですね。

iTunes App Store
Google Play

海外からお越しの方向けアプリ

海外から友達が来て、1ヶ月くらいの中・長期で滞在して色々見て回るって時にオススメなアプリ

NAVITIME for Japan Travel
7日間で7.99ドル、30日間で16.99ドルと無料ではないのですが、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語に対応していて、
出発地から目的地まで、Door-to-Doorで電車・空港バス・徒歩など複数の移動手段を組み合わせたルート検索機能の他、
GPS音声ナビ、鉄道運行情報、路線図、オフラインでの無料Wi-Fiスポット検索などなど、機能は充実してます。
日本ってまだまだWi-Fiスポットの数が少ないので、Wi-Fi検索機能は結構役立つかも?

iTunes App Store
Google Play

スマホじゃない人、通信環境が不安な方は

電車の事は駅員さんに聞くのが一番です。

通勤で東京駅で乗り換えるルートだった時、月1回くらいのペースで海外の方に道を聞かれていたのですが、大体は東京駅構内の道順が複雑で、乗換も2~3回あったり、私のつたない英語スキルでは説明しきれない事も多く、駅員さんの詰所までついてきてもらって、「ここに行きたいらしいんですが」と説明すると英語が出来る人が出てきて、分かりやすい地図と路線図、流暢な英語でバッチリ説明してくれて解決してましたので、道を聞かれて困ったときも、駅員さん頼りが一番オススメです。

さいごに

よく迷いやすいと言われている駅は「東京」・「新宿」・「横浜」・「梅田」・「なんば」あたりでしょうか?
それなりに慣れてる人でも、いつも違う場所に行こうとすると工事で道順が変わって迷ったりするんですよね。
特に横浜駅は100年以上工事をしていて、「日本のサグラダファミリア」とか言われてるくらいに工事でルート変更します。

海外や地方から知人が来て、迷いやすい駅に行くって事になったらナビアプリの使用と駅員さんに説明する用の目的地情報のメモを作っておく事をオススメします。