LCCを本当に安く利用するために知っておきたい、機内持ち込み手荷物の話

こんにちは。

オトクに旅をするのに欠かせない存在となっているLCC。バックパッカーの方々は使用する機会も多いんじゃないでしょうか?

成田-札幌間が片道3,980円だったり、キャンペーンによっては沖縄とか札幌に片道1,000円で行けちゃうような破格の金額で販売している「格安航空会社(LCC)」ですが、荷物が多い場合は結構追加料金がかかります。

機内持込手荷物だけで済ませる事が出来れば、追加料金も無しで行けるので、機内持ち込みにおさえたいところですが、機内持ち込みが出来るサイズも、航空会社によって違うのでややこしいんですよね~(›´ω`‹ )
って事で今回は日本国内で就航しているLCCの機内持込手荷物の持込規定を調べてみました。

LCC各社の機内持込手荷物規定

ジェットスター
【個数】
キャリーケースなどのお手荷物1個とハンドバッグなどのお手回り品1個の計2個

【重さ】
合計7kgまで

【大きさ】
キャリーケースなどの場合:H56cm/W36cm/D23cm
スーツカバーなどの場合H114cm/W60cm/D11cm

空港の保安検査通過後にサイズや重さがオーバーしている事が発覚すると、
預けるのに3,000円がかかってしまうので、結構な痛手です。

詳細はこちらからご確認ください

ピーチ・アビエーション
【個数】
キャリーケースなどのお手荷物1個とハンドバッグなどのお手回り品1個の計2個

【重さ】
合計10kgまで

【大きさ】
3辺合計が115cm以内 (各辺が55×40×25(cm)以内)

詳細はこちらからご確認ください

バニラエア
【個数】
キャリーケースなどのお手荷物1個とハンドバッグなどのお手回り品1個の計2個

【重さ】
合計10kgまで

【大きさ】
各辺が56cmX36cmX23cm以内
※ハンドル・車輪・鍵などの付属品も含みます。 ※1辺でも規定サイズを超えた物は持込みできません。

詳細はこちらからご確認ください

春秋航空
【個数】
お一人様1個まで

【重さ】
合計5kgまで

【大きさ】
3辺の合計が115cm以内 (幅56cm×高さ36cm×奥行23cm以内)

詳細はこちらからご確認ください

※※一定量以上の液体や、危険物の持込は全ての航空会社で禁止ですので、こちらでは記載していませんが、保安検査で引っかかると最悪、捨てなければいけなくなってしまうので、ご注意ください。

重量オーバーしない為のラゲージチェッカー

お部屋の体重計で重さを計ってみて、OKだったから持っていったら空港で引っかかった事が有ります。
そんな経験を踏まえてオススメしたいのが「ラゲージチェッカー」です。

61x238GVyZL._SL1000_

上の写真のような物で、吊り下げ式の重量計なので、バックパックやスーツケースのように、体重計で計りにくいものも簡単に測る事ができます。

値段も安い物が多くて、1,000円前後なので旅行に行く機会が多い場合は購入してみても良いかも?
1,000円くらいなので精度に疑問を感じていたのですが、空港で計っても大きな誤差はなかったので、
結構信頼しても良いとは思います。

さいごに

JALとかANAの場合は、預け手荷物が20kgまで無料、LCCの一部として扱われているスカイマークも15kgまでは無料で預ける事が出来るので、荷物が多い場合はスカイマークなども考慮に入れて選ぶのが上手な選び方ですね。
(特にスカイマークは羽田発着なので、成田までの交通費が高い!っていう場合は交通費の総額を計算してみましょう)