春になる前にご紹介したい、東京で見られる桜のお話し

こんにちは!まだまだ寒風が厳しいこの季節、いかがお過ごしでしょうか?

寒い!といってもそろそろカンザクラが見頃で、桜の季節まであと少しっていう気分もするので、今回は東京で見られる桜の品種など、調べてみたものを紹介していきたいと思います。品種を知ってると、いつものお花見もより一層楽しめるかも?

東京で見られる桜

染井吉野(ソメイヨシノ)

東京での開花時期のめやす:3月下旬~4月上旬
someiyoshino

桜と言えば”ソメイヨシノ”。テレビなどで「桜が開花しました!」とか、「サクラ前線が北上中」って言われるときに指すのはこの品種ですが、実はこの品種が出来たのは江戸時代から明治時代にかけてで、エドヒガンとオオシマザクラという品種の良いところをとって掛け合わせた比較的新しい品種らしく、豊島区駒込の”染井村”に住んでいた植木職人が作りだしたと言われています。

隅田公園の桜はスカイツリーとのコラボが良い感じでオススメです。

八重桜(ヤエザクラ)

東京での開花時期のめやす:4月上旬~4月下旬
yaezakura

八重咲きで花をつけるサクラを総称して”八重桜”といいます。”イチヨウ”とか”フゲンゾウ”といった品種があって、花弁の枚数が非常に多いのが特徴です。

ソメイヨシノと比較すると1~2週間くらい開花時期が遅いので、天候不順でソメイヨシノが早めに散ってしまった後でも見れるのが良いところ。開花から散るまでの期間がソメイヨシノよりも結構長く、大きめで丸いふんわりとした花が豪華だったりします。

和歌にも出てくる八重桜は”フゲンゾウ”という品種だそうです。東京では新宿御苑が特に名所として有名ですね。

枝垂桜(シダレザクラ)

東京での開花時期のめやす:3月下旬~4月上旬
rikugien-sakura

日本固有の”エドヒガン”と言われている品種のうち、枝の成長が早くて下向きに垂れている種類を”シダレザクラ”といって、柳のように風になびくのが情緒豊かなサクラです。
糸桜とも言われていて、松尾芭蕉の俳句でも登場しますし、寺社仏閣に樹齢100年を優に超える名木が多いのも特徴かもしれません。

関東近郊でスケールが大きいシダレザクラは山梨県の身延山久遠寺の樹齢400年のシダレザクラや、神奈川県小田原の長興山紹太寺の樹齢300年のシダレザクラあたりでしょうか?

東京で枝垂桜を見るなら六義園がオススメです。(小石川後楽園も有名ですね)

大寒桜(オオカンザクラ)

東京での開花時期のめやす:3月上旬~3月下旬
ookannzakura

中国南部から台湾、沖縄あたりに分布する寒緋桜(カンヒザクラ)とオオシマザクラを交雑させて出来たサクラで、埼玉県川口市安行で誕生したと言われていて、アンギョウザクラと言われる事もあるそうです。
ソメイヨシノよりも半月ほど早く開花します。

東京でオオカンザクラの名所と言われているのは神代植物公園です。

河津桜(カワヅザクラ)

東京での開花時期のめやす:3月上旬~3月中旬
kawaduzakura

カンヒザクラとオオシマザクラを意図的に交雑させたオオカンザクラと違い、自然交雑したのがカワヅザクラだと言われています。
静岡県河津町で発見されたのが名前の由来で、東海道沿線では熱海~湯河原あたりで多くみられますので、梅の時期を逃してしまったら見に行ってみても良いかも?

東京では亀戸中央公園の旧中川沿いに300本近くの並木があります。

さいごに

新宿御苑や上野恩賜公園などなど、色々なサクラの名所とされているところもありますし、普通の公園でも見事なサクラが咲いているところもあります。
カンザクラやオオカンザクラが咲き始める2月下旬くらいから、ふとしたところでキレイな花を見れたりするので、探してみてくださいね(人´ω`*)

お花見の時の注意点として、サクラは品種によらず切ったり折れたりした部分からの再生や芽吹く力が弱い樹木らしいので、枝を切ったり折ったりして持ち帰らないようにしましょう。