日本古来の伝統紙、和紙作り体験してきましたヾ(*・∀・)/

先日、「和紙作り体験」をして来ました★☆

日本人の方は、もちろん「和紙」ってご存知ですよね(´▽`*)?

障子や、和風な照明、ちょうちん、扇子、うちわ…などなど、

様々なものに使われている、

日本古来の伝統紙です。

あんなにうすーーーくて、

すぐに破れてしまいそうな繊細な作りですが、

果たしてどうやって作られているのか…|ω・)?

今回なんと、江戸時代からの歴史を持つ、

小津商店さんの小津和紙体験にお邪魔してきました☆

 

実際に体験してみると…

かなり難しい(・ω・;)(;・ω・)

 

この薄い紙一枚作る技術って、相当すごいなあと身に染みて感じました。

どんな過程を経て作られているのか、そして実際何に使われているのか。

昔の人は和紙を何に使っており、現代の人は和紙を何に使っているのか。

昔から変わらず使い続けられているもの、

そして新しく和紙を利用して作られるもの…。

和紙には奥深い歴史があり、

実際にご自身で作ってみるとたくさんの発見があります。

 

和紙は見た目よりもとても頑丈で、

靴下やカーディガン、そしてなんと…

ウエディングドレスにも使われているというから驚き∑(・Д・・)

和紙で作られているウエディングドレスが飾ってあり、

実際に式でも使われているとか。

和紙って…最強だな、と思いました。

 

ここMOA HOSTEL IN KANDAに宿泊いただいたゲストの方にも

ぜひ体験してほしい!

せっかく日本に遊びに来たのだから、

日本の伝統文化を体験してほしい!!

ということで、

和紙作り体験ツアー、企画中です☆

わたしももう一度リベンジ!!したいと思ってます。

ぜひお楽しみに(*´﹀`*)